アルコール依存症

栄養素と望ましい摂取量

ビタミンB群50mgを2回

個々では、パントテン酸100mgを1日3回

個々では、ビタミンB121000mgを1日3回

個々では、ビタミンB1200mgを1日3回

カルシウムとマグネシウム2000mgと1000mg

消化酵素毎食前に1カプセル

ビタミンC3000~10000mg

マンガン2mg

セレン200mcg

オメガ3亜麻仁油を大さじ1~2杯

ビタミンA25000IU

ビタミンE400~1200IU

亜鉛50mg

解説

ビタミンB群は複合的に必要ですが、特にパントテン酸(B3)はアルコールの解毒をサポート、B6はむくみを減らし更正に伴う不安や恐れ、緊張を緩和するのに役立ちます。

B1はアルコール依存症患者で不足しがちです。カルシウムマグネシウムは神経を落ち着かせてくれます。特にマグネシウムはアルコール摂取によって枯渇します。

ビタミンCは治癒力を持つ強力な抗酸化物質として作用するほか、体が感染症と対抗するのを助けるインターフェロンの生産を促進します。

マンガンとセレンは免疫機能を高める重要な微量ミネラル。オメガ3は脳の灰白質を強化。ビタミンA欠乏に陥りやすく、肝臓を保護します。

亜鉛は不足すると胃の中でアルコールに起因する変化と同じような病理学的変化が起こるとされています。

カテゴリー: 症状別栄養療法   パーマリンク