勃起機能障害(ED)

栄養素と望ましい摂取量

オメガ3亜麻仁油を大さじ1~2杯

セレン200mcg

ビタミンC2000mg

ビタミンE400~800IU

亜鉛80mg

ビタミンA15000IU

ビタミンB群50mgを3回

解説

かつては精神的な問題とみなされていましたが、あらゆるEDの症例の85%がいくつかの身体的な要因によるものと考えられています。

EDは糖尿病の男性に極めてよくみられるものです。甲状腺ホルモンの低値なども原因です。アルコールの他、抗うつ剤などの医薬品も原因となりますし、動脈硬化もEDのリスクを高めます(生殖器につながる動脈も閉塞)。

オメガ3は精子及び前立腺での精液の生産に役立ちます。セレンは睾丸中に高濃度に存在します。ビタミンCはテストステロン濃度の上昇に役立ちます(ホルモンバランス調整)。

亜鉛は前立腺の機能と生殖組織の成長に重要で、こちらもテストステロン濃度の上昇に役立ちます。ビタミンAは免疫を高める抗酸化物質。ビタミンB群は神経系の健康に必要。

ビタミンB群はあらゆる細胞の活動に重要。特にB6は細胞分裂を統括するRNAやDNAの合成に必要です。

カテゴリー: 症状別栄養療法   パーマリンク